忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇団こふく劇場 25周年ツアー『ただいま』

観てきました。


あたしの9月もやっと動き出した気がした。


いま 「この日常」 を、つづける。
そこに如何とも抗えない 「こと」 が混在する。
そのとき人は
受け入れるのか馴染ませるのか拒絶するのか無い事かのように振る舞うのか。
硬直する「日常」
動き出すときは?


周囲の観客や隣のヤダミクがすすり泣くなか
「生きているということが即ち日常か」
などと意外や平穏に暖かい気持ちで観劇している自分が不思議だったけど(いつもなら泣くだろうなーと)
アフタートークで謎は解けた。
四十過ぎたら、人生(ある程度は)こうだと思うものなのね。と…


そっかあ、あたし、たいていの作家と同年代か歳上になってるんだー
という発見。
経験とか。いろいろ。


アフタートークでのもう一個 
「三股に演劇がある」
事について 、ちょっとおかしな感想をあたしはもった。
スゴい田舎つっても、うちの実家くらいだろうなーと。
田舎だと町民劇や旅芝居やらがけっこう人気がある。
TVはもう日常。
映画は「孫や子にせがまれてわざわざ観に行く」特別なもので、劇や歌謡ショーも「わざわざお金を払って自分が楽しみに行く」ちょっとした贅沢なのだ。 
だから、三股に有ることが当たり前になってても不思議ではないなーというのが個人的な感想。
田畑に囲まれないと分からん感覚だろうか…


あと、劇団は儲からないって話はねえーもー
昨日 普段、劇場とか行かない人にフライヤ渡したら
「えっ!!1,500円とかで芝居って観れるの?もっと高い印象だったー!」
…買い取り全国ツアー公演のお値段で思ってるのね…
と、思いましたよ…ああ、あたしら全然、宣伝出来てないなー
そりゃ昔は芸館満員で黒字続きだったのに、今はチケット売れないはずだわー、と。


いろんなことを考えさせられた公演でした。


最後に。
濱砂さんのかみもとさん後ろから抱きしめシーンは、キムタク超えでした。




PR

劇団goto「タンバリン」

劇団goto「タンバリン」を観て来ました。


今日のあたしの機嫌は超絶不調でした。怒りすぎて「マッサージでドーパミンが出る部分」が痛いという。関止めされてる!?


決めたことを守れない、守らない、どっちかは知らない。
忙しい?あたしが暇だとでも?
暇だと思われてるのかもしれない。
それは仕方ない。



前々から「信じるからバカをみる」ということを言われ続けてきましたけど
信じなくなる=見放す
だと思ったり、あたしとの約束は破るけどあの人とは守るから、まだ可能性はある。
とかで、信じるということをやめないでいました。
今日の人だけじゃなくて、何人かね。
でも、今日という今日はもうさすがに「この人を信じようと思った自分が信じられない」と思うほどに、心が弱ってました。
こんなコンディションで観劇にいって、楽しめるんだろうか、、、とか思いながら、事務所をしめて佐伯へ。


「強さとは」を考え直す時間になりました。


IND:FUK15で「鈴」を観ていたのも加味されていると思うけども、強い人はなぜ強くいられるのか、強くなるとはどういうことなのか、そもそも「強さ」とは。


とても、考えました。


※明日もあります!
◼劇団goto「タンバリン」大分公演
2015年9月6日(日)13時〜
会場 佐伯市保健福祉総合センター和楽




「わたしは彼女に何もしてあげられない」

トイレンナーレの企画、チェルフィッチュ新作公演。
贅沢…


暑かったのでギリギリまで店内で、ベップロの担当爽やか青年と市役所の担当さんが猛烈オススメだったナポリ珈琲を飲んでました。
濃さと苦味が好みに合ってて美味しかったー
疲れた身体に沁みた。
余談ですが店長がイケメンでした。


公演は、ああ、そういうことだったのかあ~と納得。事前の説明だと公演形態がいまいち分からなかったんですよね。
コンパクトなツアーが出来そうなので内容についての感想はナイショにしておきます。ふふふ。


岡田さんの思う「演劇における身体性」に
ますます興味がわきました。
時間が許せば、根掘り葉掘り聞きたかったです(笑)




「THE RITE OF SPRINGー春の祭典」

「THE RITE OF SPRINGー春の祭典」を観てきました。
東京行くのに朝リュック一個に着替えも入れて、、、なんて突拍子もないことを自分がする日がくるとは。しかもこんな近所に買い物に行くような恰好で。


約半年かんがえこんでる企画があって、それの「踊り」の部分に舞踏とコンテのどちらがいいだろう、という事を悩んでた。
悩んで悩んでどん詰まりで、伊達さんに相談しようかなあ、、、とか思いながら白神さんのWSに参加してみたり。


で、やっぱり観なきゃな。
というタイミングでユキオさんの今年最後の国内公演がこの演目!
でもまだグダグダ考えてたけど忘れられない。
そんな話に主治医なお医者から後押しをもらってその日のうちに公演と飛行機のチケットを予約!
(これが後日、朗読劇の土曜日稽古が追加されて帰りの便の振替とかてんやわんやになるんすが、、、)


実は余裕があれば8月5日の「室伏鴻さんのお別れ会」が、そうとう観たかったのですが、、、全ての答えがあるような気がして。
でも、ユキオさんの作品に集中する事が今の大正解なんだろうな、とも思った。


宿で2時間ほど仮眠をとって早めに出て、日暮里駅へ。
案の定、都会はGoogleMapがあてにならん。
細かい道が多くて方向が不明。
今回も結局、数名に道を聞きながら進んで、最後に二人連れのさわやかな女性に聞いて「あーもうここをしばらく真っ直ぐ行って左に見えるよ☆」と教えてもらいました(笑)


二階建ての会場、汗だくになったので35缶のラガーをぐびぐび呑む。うまーい。
二階の受付から階段を下りて一階が舞台。
階段状の客席。
ファイルBOXを積んだ壁。
手前に鹿と羊?


そこに投射される様々な映像。
そこから見入ってしまう。
おおお、牧神だ、、、とか、心臓がギューっとなる。
壁を崩しながら前方に整然と並べていく。黙々と。
あたしはそれを墓標だと思った。
亡くなった人の記憶と記録が詰まった墓標だと。


音楽とともに並べ終ったあと、なんとユキオさんがマイクを持ちプレゼン(?)を。
ダンス公演って~自由~
と呆気にとられたけど、後にダンスを見慣れている人、数名も「まさかのプレゼン!」とか書いてたんで、やっぱり特別だったんだなと(笑)


のち、音楽が流れ照明がゆっくりと変化し、おどりがはじまる。
ううん、、、ううん?とか思いながらもう目が離せない。
しばらくして安次さんが登場、独特な表現に表情もついてきてて、おおーと思う。
二人でシビアな身体のキレを魅せてくれる。
なんともいえない濃厚な熱量。


意識がとばないように必死に観ていたら終わった。
長かったようであっという間。
自覚してなかったけど力がこもってたのか、しばらく席を立てなかった。
同じく立たない人がいるので観察してみると泣いている。
そうか、あたしはそこまでもっていかれないように踏ん張りすぎたんだなと反省&後悔。


会場からすぐに離れがたく、(疲れてたし)なんとなーく外デッキのベンチでまったりしてたら若い女性から「ダンサーですか?」と声をかけられで滑りこけるかと思った。
腕とふくらはぎに無駄に筋肉ついててすみません。牛が蹴り殺せそうなくるぶしですみません。
その人と少し話して、駅まで一緒に行こうってことになって、なんか分かんないけど駅まで歩く。
舞踏に興味があって、最近いろんなダンサーのWSに通っているとのこと。
先日、反復横跳びしすぎて疲労骨折したとか、ボルダリングの癖で足元が不安定で、、、とか話がころころと転がる楽しい女性だった。
そしてあたしと帰らなかったら彼女は多分、迷子になっていた。
都会って、いろんな出会いがあるなあ~


お知らせメールより
↓↓↓
鈴木ユキオが挑むストラヴィンスキーの問題作「春の祭典」。
静謐に爆発する身体で、迫り来る音楽に対峙する意欲作。
ふたつの身体が、空間に投げ出されたとき、現代の「春」の行方をしることになる。
今年最後の日本での公演は、カンパニーダンサー・安次嶺菜緒との新作デュオ作品。ご期待ください!


「THE RITE OF SPRINGー春の祭典」
7月31日(金)19:30開演 @日暮里、d-倉庫
振付・演出:鈴木ユキオ
出演:鈴木ユキオ・安次嶺菜緒




ガラパ10周年

ガラパ千秋楽、生コメの日に行ってきました~
ガラパくんを探してみたけど、受付の一匹だけがやや平面でちょっと自信ない。


きっと前の旦那がそうなんだろうな~までは分かったけど、家が答えとは!
素直にきれいに騙されたので、気持ちいいおわりかたでした。
いやあ、面白かった。


生コメ、今回は登場までの裏側を暴く☆ってかんじで面白かった。工夫してるなあ…
今回は小道具が少なめ(これでも、、、)だったので、生コメ恒例のイタズラは扇風機を強であてるとか自動開閉襖とか深呼吸してるとこにビニル袋をあてる、、、くらいでしたね。
コーラーが噴き出したら面白かったのに。


ロビーで川口くんと久しぶりに会ったのでお互いに女子が偶然街で会って「ひさしぶりー」「げんきー」「あー」「えへへー」と、わにゃわにゃするみたいな手つきになってしまった…リサちゃんとはスッキリ挨拶を交わしたのに(笑)
椎木くんとも握手できたのでチョパヤで帰りました。
今回は行きの基山うどんだけ。


と思いきや、いつものステキな女性に手作りオヤツもらっちゃったぁー
うぇいー


ガラパは12月に新作で福岡・大阪・東京の3都市でのツアー公演をするそうです。
この人たち、ちょっと演劇バカすぎるので、たぶんまたJRコンテナにセット類をギッシリ詰め込んで旅すると思います。
大阪と東京のみなさん、お楽しみに~☆




カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[11/09 generic cialis at walmart]
[10/05 canadian pharmacy]
[09/16 smapse]
[09/14 smapse]
[12/12 るぅ]

最新TB

プロフィール

HN:
ruxu
性別:
非公開

バーコード